フコイダンAFプレミアムと低分子フコイダンの違いとは?

TEL0120-920-772
受付:9:00~21:00 土日祝も受付

低分子フコイダンとフコイダンAFプレミアムの違い

◆フコイダン製品のそれぞれのメリットは?

『低分子フコイダン』と『高分子フコイダン』、『両分子フコイダン』『ナノフコイダン』など、フコイダン製品にはいろいろなタイプがありますが、それぞれの「違いがわからない」「結局どれがいいの?」とよくご質問をいただきます。

まず、フコイダンはもともとが高分子という大きいサイズの分子構造を持っており、それを体に吸収されやすいよう小さな分子サイズに調整したものが「低分子」となります。そしてさらに小さくした「超低分子」の製品もあります。

もともとの「高分子」と「低分子」を両方混ぜたものが「両分子」フコイダンです。

そしてナノフコイダンは、高分子フコイダンをナノカプセルという目に見えない小さなカプセルに封入することで、吸収力をぐっと高めた製法です。

◆吸収されやすいものがいい?

フコイダンパワーを実感するには、体に吸収されなければ意味がありません。
では、吸収されやすいように分子サイズを小さくした「低分子」タイプのものを選べばいいのかというと、必ずしもそうではありません。実は、それぞれにメリットとデメリットがあるのです。

低分子のものは、私たち人間の手によって分子サイズを小さく調整するのですが、それによってフコイダンが本来持っている分子構造がバラバラになってしまい、本来のパワーが発揮できなくなってしまうのです。

フコイダン本来のパワーを期待するのであれば、体に吸収できるぎりぎりのサイズに調整された「高分子」フコイダンがおすすめです。

では、どちらのメリットも持っている「両分子」フコイダンはというと…どちらのメリットも持っているということは、どちらのデメリットも持っている、ということなのです。

そして一番吸収力の高そうな「ナノフコイダン」ですが、これは吸収力はとてもいいのですが、フコイダンを配合できる量が限られており、たくさんの成分を入れることができないというデメリットがどうしても出てきてしまうのです。


◆純度の高いオキナワモズクを使用した高分子フコイダン

フコイダン健康堂の「フコイダンAFプレミアム」は、純度85%以上の高品質オキナワモズク(沖縄産)を使用した高分子タイプのフコイダンです。オキナワモズクは、フコイダン含有量がもっとも多いといわれており、さらにフコイダンAFプレミアムにはすぐれた海藻成分である「アスコフィラム」や「フコキサンチン」も含まれております。この有用成分の配合量はなんと430,000mg!(液体1本900ml中)

ほかのフコイダン製品とぜひこの有用成分量を比べてみてください。その違いに、きっとあなたもおどろくことでしょう。

おすすめ商品

ご質問はお気軽に!

ご質問・お問い合わせフォーム

安心・安全のわけ

日本食品分析センターで検査を重ねて安全性と成分が本当に含まれているかどうかを確認しています。
合成着色料、香料、保存料無添加です。
フコキサンチン、アスコフィラムなどの原料も天然成分でできています。
ISO認定工場で作っているので世界基準で安全です。
重金属、ヒ素などの有害物質が含まれていません。
糖が気になる方にも安心の甘味料(体に残らないもの)を使っています。もちろん、体に安全です。
フコイダン サプリメントの通販サイト

↑ PAGE TOP