フコイダンの種類について詳しくご紹介します。

TEL0120-920-772
受付:9:00~21:00 土日祝も受付

フコイダンの種類

フコイダンのタイプいろいろ

フコイダンは、現在いろいろなタイプのものが販売されており、どれも同じではありません。
たくさんある商品を大きく分けると次のように分けられます。

<製造法>低分子・高分子・両分子・ナノカプセル
<原材料>モズク・コンブ・メカブ・ワカメ

原材料に使われる海藻は、モズクが一番フコイダン含有量が多いといわれています。なかでも、オキナワモズクは高品質で含有量も多いことで注目されています。

製造法は、それぞれにメリット・デメリットがあり、どこを重視してフコイダンを選ぶかが重要なポイントとなります。

たとえば低分子タイプのフコイダンは、もともと高分子サイズのフコイダンの構造をバラバラにし、吸収力を高めた製法ですが、吸収力が高くなった分、フコイダンの本来のパワーが発揮されにくいというデメリットを持っています。
反対に、高分子タイプのフコイダンは、低分子と比べると吸収力は劣りますが、本来のパワーを発揮しやすいため、吸収力についてはフコイダンの配合量でカバーすることができます。

ナノカプセル化フコイダンは、高分子フコイダンを特殊技術によってナノカプセルに詰める手法ですが、吸収力はアップするものの、フコイダン配合量を一定量以上増やせないという難点がありました。
両分子フコイダンは、低分子と高分子のメリット・デメリットどちらも併せ持ってしまうため、万全な製品とはいえないでしょう。

このように、それぞれの製品のメリット、デメリットを知った上で、製品を選ぶことが大切です。

おすすめ商品

ご質問はお気軽に!

ご質問・お問い合わせフォーム

安心・安全のわけ

日本食品分析センターで検査を重ねて安全性と成分が本当に含まれているかどうかを確認しています。
合成着色料、香料、保存料無添加です。
フコキサンチン、アスコフィラムなどの原料も天然成分でできています。
ISO認定工場で作っているので世界基準で安全です。
重金属、ヒ素などの有害物質が含まれていません。
糖が気になる方にも安心の甘味料(体に残らないもの)を使っています。もちろん、体に安全です。
フコイダン サプリメントの通販サイト

↑ PAGE TOP